【体験記】妊娠中のトラブル

妊娠中も元気に楽しく過ごしたいものですが、自分でも気付かないうちに体に変化が起きてきます。中にはママにとってつらい症状も…。便秘やつわりなどもそうです。

私の場合は、妊娠初期のつわり、お尻の痛み、そして妊娠後期の貧血といったトラブルがありました。
どんなものだったか、どうやって対処したかなど、もし参考になれば嬉しいです。
(つわりに関してはつわりについてをご覧になってくださいね)



妊娠初期 お尻が痛い!!

お腹が大きくなってきて、腰痛に悩まされるという話はよく聞きますが、私の場合は妊娠11週ごろ、右のお尻(…というか、骨盤?関節??)が痛くて痛くてどうしようもなくなりました。

初めは筋肉痛かなと思っていたのですが、立ち上がったり座ったりすることはもちろん、寝返りを打つことさえままならなくなってしまいました。
ピキーンとつるような痛みです。

とにかくなるべくお尻に負担をかけないようにして、あとは産婦人科でもらった湿布を貼っているうちに少しずつ良くなりました。
その時つわりもひどかったので、一時はどうなることかと思いましたが、痛みがひいて良かったです。完治するまでに3週間ほどかかりました(TT)

妊娠すると、出産をスムーズにするために骨盤や体中の靭帯をゆるめるホルモンが分泌されるそうです。ものすごく合理的にできてると思いません?
でも、靭帯がゆるむ事によって筋肉や腱、関節に負担がかかってしまうそうです。

私のような妊娠初期というよりも、お腹が大きくなってきてから関節を痛めてしまうケースの方が圧倒的に多いようです。
普段から姿勢に気をつけたり、妊婦体操で筋肉を鍛えたりしておくと、腰痛予防になります。


****************************************************


妊娠後期 貧血に…

妊娠初期は正常だったのに、後期の検査で貧血と診断されてしまいました。
食事には十分気をつけていたつもりだったのですが…。

妊娠すると血液量が増えるにもかかわらず、赤血球はそれほど増えません。
加えて、お腹の赤ちゃんは母体から鉄分を吸収して自分の血液を作るので、どうしても妊婦は貧血になりやすいそうです。


私の場合、産婦人科で鉄剤を処方されました。4週間分服用したところでヘモグロビンの値が回復し、ひと安心です。

でもこの鉄剤、胃が荒れて大変でした。胃炎のような症状になり、3日間ほどものが食べられなくなってしまいました(TT)
鉄剤から解放されたと思ったら今度は胃薬を飲む羽目に…(^^;)

もちろん、貧血と診断されてからは一層食事にも気を配りました。
レバーや納豆、ひじき、ほうれん草などを積極的に食べました。
ちょうどほうれん草が旬の時期だったので、ほうれん草はまとめてゆでて冷凍しておいて、ちょこちょこ食べるようにしてました。

貧血が重い場合、陣痛が弱くなり難産になりやすくなったり、出産の時に出血量が多かったりというリスクがあるそうです。
貧血予防・改善のためにも、普段から鉄分の多い食品を摂取する必要があります。

Posted by mao | Category: マタニティ > 妊娠・出産体験記 | 0 comments | 0 trackback

【体験記】妊娠中の食生活と体重管理

妊娠中の食生活

妊娠中は、食生活に気を配りました。
私が実践したのは、以下のようなことです(当たり前…?)。

 ・1日3食必ず食べる。
 ・栄養バランスを考え、できるだけ多くの品目数を食べる。
 ・塩分を控え、料理は薄味に(むくみや高血圧、妊娠中毒症の防止に)。


妊娠中に積極的に摂りたい栄養素を以下に挙げてみました。

タンパク質
赤ちゃんの体を作るのにもっとも大事な栄養素。
植物性・動物性の両方をバランスよく摂るのが理想。
肉、魚、豆、大豆製品など。

カルシウム
赤ちゃんの歯や骨を作ります。
妊娠中は普段の1.5倍近く(1日あたり900mg)も摂取する必要が。
牛乳、乳製品、小魚、大豆、海草、青菜など。

鉄分
不足して貧血になると、トラブルが起きやすくなり、赤ちゃんにも栄養が届きにくくなってしまいます。
レバー、かつお、あさり、ひじき、ほうれん草など。

ビタミン類
いろんな種類をバランスよく。
ビタミンCは鉄分の吸収を助ける効果も。
葉酸は妊娠初期に特に積極的に摂ることが重要です。

食物繊維
便秘予防のためにも積極的に摂りたいものです。
豆類、きのこ類、いも類、根菜類、海草など。


****************************************************


妊娠中の体重管理

私の場合、妊娠初期のつわりがひどかったので最初は体重が激減しました。でも、油断は禁物!中期以降に食欲が出てきてからはものすごい勢いで増加しました(汗)

体重が増えすぎると、妊娠中毒症などになりやすい、難産になりやすいといったトラブルが起こりやすくなります。
栄養を十分にとりながら、うまく体重をコントロールする必要がありますね。
一般的に、妊娠中の体重増加は7〓10kgが理想と言われています。

体重コントロールのために私が心がけたこと
 ・規則正しく、バランスの良い食事。
 ・間食は控えめに。
 ・気付いたときに体操をする。

Posted by mao | Category: マタニティ > 妊娠・出産体験記 | 0 comments | 0 trackback

【体験記】産婦人科の転院

以前から、出産の際は里帰りしようと思っていました。
実家から徒歩で行けるところに産婦人科があり、「出産の時はあそこにお世話になるんだろうね〜」なんて話を母としていました。


妊娠が分かった当時、実家から電車とバスで1時間半くらいのところに住んでいました。
その時はまだ引越しをするかどうかも決めていなかったので、とりあえず家から近い産婦人科で診てもらいました。

初診の時の問診で「出産は当院でしますか?」という項目があり、私は正直に「いいえ」に丸をつけたんです。でも、それが先生には気に入らなかったようです。

「里帰り出産は、夫とコミュニケーションがとれなくなるというデメリットも多い。育児は夫婦2人でやっていくものなんだから、不安ならお母さんにこっちに来てもらうという方法もある。」というような事を言われ、もう少し考えてみるように説得されました。

その産婦人科は付近では割と有名で、先生の数もたくさんいるし、患者へのフォローもしっかりしています。
でも、予約していても待ち時間は1〜2時間はざら、健診の度に先生が変わるなど、私にとってはストレスになる要素もありました。
おまけに里帰り出産のことまで言われてしまったので、どうも私には合わないかも…、そんな気がしてきたのです。

そんな時、実家の近くに引越しをすることが決まり、それとともに転院を決心しました。

転院を口にするのはなかなか勇気のいることでした。
里帰り出産のことでとやかく言われたので、転院のこともまた色々言われるのかな、なんて思っていましたが、「引越しをするので…」と言うとすんなり紹介状を書いてくれました。ただ、引越し先や次に行く予定の産婦人科名などを聞かれました。


産婦人科選びって、難しいですね。口コミや前評判が良くても自分にはどうしても合わないってこともあるような気がします。

次に通うことになった産婦人科は、規模は以前の産婦人科よりも小さめですが、アットホームで私には合っています。
いつも同じ先生が診てくれるという安心感もあります。
もし2人目を産むとしたら、またここにお世話になりたいなと思える産婦人科です。

Posted by mao | Category: マタニティ > 妊娠・出産体験記 | 0 comments | 0 trackback

【体験記】妊娠中の引越し

妊娠が分かった時、私たちは1LDKのアパートに住んでいました。

2人暮らしでもちょっと狭いと感じていたので、赤ちゃんと一緒に暮らすにはあまりにも狭すぎました。
また交通の便が悪く、最寄バス停まで徒歩15分(しかも30分に1本)、スーパーまで自転車で15分(しかも急な坂あり)。

自家用車もなかったので、妊娠中・出産後の生活に支障がでるのは容易に想像ができました。それで、引越しをしようということになったのです。


引越しは、安定期に入った妊娠18週の時にしました。

引越しするには、その前に新居を探したり荷作りをしたりという作業が伴います。
新居探しのときはまだつわりが残っていたので、かなり辛かった覚えがあります。何軒も家を見て回るのは、妊娠中は思った以上に大変な事でした。

また、荷作りは小物を梱包する程度でほとんどは主人にやってもらいました。比較的体調が良くても、あまり無理をしない方がいいと思います。

体調のことを考えると、あと1ヶ月くらい先に引越した方が楽だったかなと思います。


新居は2LDKのアパート。私の実家にも近くて、駅やスーパーも徒歩圏内。家賃は多少高くなりましたが、生活は快適です。

妊娠を機に引越しを考えられる方、私たち以外にもいらっしゃると思います。
あくまでも私の体験談からですが、安定期に入ってから新居探しを始め、6ヶ月頃までに引越しを完了させるのがベストなんじゃないかなと思います。

引越しとなると、住所変更の手続きをしたり、家具を買い足したりといろいろ大変です。無理せず、周りの人に上手く頼りながら進めていくといいと思います。

Posted by mao | Category: マタニティ > 妊娠・出産体験記 | 0 comments | 0 trackback

【体験記】つわりについて

つわりの始まり

私の場合、妊娠が分かる前から多少つわりらしき症状がありました。食欲がなくて胃がムカムカしていたので、なんと胃薬を飲んでしまいました(><)

妊娠判明直後(妊娠6週ごろ)からつわりの症状が顕著になりました(←気のせいもあるんだろうけど…)。結婚式の時も少し気分が悪くて参りました。

ひとことでつわりと言っても、かなり個人差があるようです。
私の場合は、ピークは7〜11週くらいでしたが、中にはまったくつわりの症状がない人もいるそうです。


****************************************************


つわりの症状

私の場合、とにかく気持ち悪くてほとんどのものが食べられないというもの。
空腹になると余計に気持ち悪くなるのですが、いざ食べようと思っても食べられなくて、本当につらかったです。

朝がとにかく辛くて、歯磨きをすると必ずといっていいほど吐いてしまっていました。食べられる量もほんとにわずかで、体重が4kg近く減少。掃除も洗濯も料理もすべて主人まかせ。仕事にも行けず、ずっと布団で寝てました。

つわりの時期って無性に何かが食べたくなるって言いますが、私の場合、ぶどうや桃、メロンなどの高級フルーツが食べたくなって困りました(^^;)バナナは嫌いでした(笑)
それに、好みの変遷も激しかったです。昨日まで食べられたのに、今日は食べられない…ってことがよくありました。
それに、あんなに大好きだったプリンが少し苦手になりました。

特にダメだったもの
白いご飯、炒め物や揚げ物などの脂っこいもの、和風だしの匂い(お味噌汁や茶碗蒸しなど)、醤油(醤油そのものも煮物も×)、お茶、麦茶。

食べられたもの
クラッカー、ビスケット、チョコマーブルのパン、アイスクリーム、アップルジュース、ポカリスエット、炭酸飲料。

つわりの症状は人それぞれ。
同じ時期に妊娠していた職場の子は食べづわりだったようで、とにかく空腹を避けるためにものを食べていました。


****************************************************


つわり対策

食事
「食べられるものを食べられるだけ」が基本でした。無理に食べなきゃと思うとストレスがたまって余計に食べられなくなってしまいます。
また、温かいものは冷まして食べると匂いがマシになります。
私の場合はつわりの時期が真夏だったせいもあるかもしれませんが、アイスクリームとか棒ジュースで水分補給をしていました。でも、体を冷やしてしまうので摂りすぎには注意が必要です。


家事は思い切ってお休み
つわりの時は、家事はほとんど主人におまかせ状態でした。
特に料理に関しては全くやりませんでした。キッチンに立つだけで気分が悪くなっていたんです(><)
やらなきゃいけないけど、できない…と自己嫌悪に陥ってしまう事がストレスになって、余計につわりを悪化させていた部分もあると思います。
思い切って家事をお休みする勇気も必要。こんな時こそ周りの人に頼っていいんじゃないかなと思います。


気分転換も必要
つわりの時期はつい家に閉じこもりがちですが、思い切って外出してみるとつわりの症状が軽くなることがありました。
実家に戻って家族とおしゃべりしたり、体調のいい時に夫婦で出かけたり。
家ではあんなに気持ち悪かったのに、ファミレスではハンバーグやドリアが食べられた…なんてこともありました。しかもドリンクバーまでつけて(笑)
つわりって、気分的なものやストレスにも影響される部分があると思うので、ゆったりとした気分で過ごすことが一番なのかもしれません。


****************************************************


つわりの終わり

一般的に妊娠12〓16週ごろにはつわりが終わると聞いていましたが、私の場合は20週くらいまで続きました。徐々にフェイドアウトしていったという感じです。

4ヶ月頃まではつわりがひどくて仕方ありませんでした。
こんな状態がずっと続いたら、お腹の赤ちゃんは育つことが出来なくなってしまうのではないかと不安でたまりませんでした。
でも、5ヶ月に入ったあたりから少しずつものが食べられるようになってきて、体重も少しずつ戻りはじめました。相変わらず歯磨きは苦手でしたけど(^^;)
そして、6ヶ月あたりから異様に食欲が出てきて体重が急増!あんなに食べられなくて悩んでいたのが嘘のようでした(笑)

つわりって、そのうちなくなるものなんですね。

Posted by mao | Category: マタニティ > 妊娠・出産体験記 | 0 comments | 0 trackback

【体験記】妊娠判明!

妊娠判明時の私たち

私の妊娠が分かったのは、2004年6月、ちょうど結婚式の1週間ほど前のことでした。
すでに2月に入籍を済ませ、3月からパートを始め、あとは結婚式を無事に済ませたらひと段落、というところでした。

結婚式を控えていたので、生理の事が少し気にかかっていました。
予定日からすると結婚式には重ならないはずだったんですが、待っててもなかなか来ない…。それで、「まさかね〜」なんて思いながら軽い気持ちで妊娠検査薬を試してみると、何と陽性だったんです。

次の日産婦人科に行くと、6週目でした。エコー写真に写っている豆粒みたいなものを見て、嬉しいような、ちょっと不思議な気持ちになったのをよく覚えています。


嬉しいのと同時に不安もたくさんありました。

当時私たち夫婦としては、「赤ちゃんは自然にまかせる」と考えていました。
でも現実としては、主人はまだ大学院生。そして私はパート勤め。2人で生活していくのがやっとの収入です。だから、主人が就職するまでは赤ちゃんはおあずけかななんて思ってました。

そんな折での妊娠。赤ちゃんが産まれるとなると私は仕事を辞めなければならなくなるし、経済的な不安がとても大きかったです。
それに、本当に自分は親になっても大丈夫なのかな?っていう戸惑いもありました。


でも振り返ってみると、あの時に赤ちゃんを授かることができて本当に良かったと思います。

妊娠してから私自身にも周りにも変化がありましたが、すべてがいい方向に進んでいるような気がします。
夫婦の絆もより強くなったし、主人の大学院卒業や就職も一気に見えてきました。ベビーが私たち夫婦に幸せを運んできてくれた、そんな風に思えるほどです(*^^*)


****************************************************


妊娠判明時の体調

思い返してみると、「あれは妊娠してたからなんだな〓」っていう症状がいくつかありました。私の場合はこんな感じでした。

・肌荒れ(結婚式前だから念入りにお手入れしてたはずなのに…)
・胃の調子が悪くて体重が少し減少。
・胸が張り、1日だけ乳首が痛くて仕方ない日があった(^^;)
・微熱が続き、だるくて仕方ない。
・異様に暑くて汗が吹き出てきたことがあった。


最近疲れてるのかな、風邪かな、なんて思ってたんですが、全部妊娠初期の症状だったんですね。でも、生理前みたいな下腹部の痛みも少しあったし、生理前の症状と少し似てる気もします。

Posted by mao | Category: マタニティ > 妊娠・出産体験記 | 0 comments | 0 trackback

1
New Entries
スポンサーリンク
プレゼント情報!



こどもちゃれんじbaby資料請求


通販大好き♪
ベルメゾンネット

雑貨から衣類までかわいいものがたくさん♪お気に入りの通販サイトです^^

ニッセン

服が安いのでまとめ買いしてます。これなら、いくら汚されても気にせずに済む♪

かわいいベビー服ならレモール

かわいいデザインの服やグッズがそろってます♪時々セール情報が届くけど、かなり安い!!マタニティ服も豊富♪

 
デジカメの写真、どうしてる?
FUJICOLORデジカメプリント オンライン1枚15円

デジカメプリント、私も利用しました。
キャンペーン中はさらに激安!100枚以上プリントして、かかった費用は約1200円♪安いし早いし自宅に届けてくれるので楽チン!

離乳食・幼児食にオススメ!

Oisixベビーおためしセット

私も利用したことのあるOisixからベビー用おためしセットが登場しました。
離乳食材がおうちで注文できるから便利!有機野菜で安全・おいしい♪

教育
0才から6才のお子さまお持ちのかたに「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

私ももらいました♪レポートはこちら

≪ Worldwide Kids English ≫資料請求で【おためしDVD】をプレゼント♪

CALENDAR
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Categories
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other
  • count : hits!
ベルメゾンネット